Topic outline

  • タウントークのご案内

    公立千歳科学技術大学では地域を知り、地域連携を深める「千歳学」や、SDGsにつながる「地域課題プロジェクト」という科目があります。また、地域連携センターは企業、教育機関等と課題解決でコラボレーションしております。千歳”タウントーク”という活動は2019年10月から開始した地域の方と一緒に課題を共有し、解決するための情報共有・発信の場です。昨年は4回開催しました。タウントークのサイトには過去の資料や開催予定の情報をアップしております。是非ご利用下さい。


  • 2021第1回タウントーク

     2021年度第1回目のタイトルは、「医療現場から見えるコロナ禍時代の備え」でした。ゲスト・ス ピーカーの稲熊氏は、新型コロナの特性や予防に関する情報ばかりでなく、日本でも本格的に実施される新 型コロナワクチン接種の心構えや備えに関しても詳しく、丁寧に説明されました。講演後のパネルディスカッ ションでは、チャット画面から多様な質問があり、参加者の新型コロナやワクチン接種への関心の高さが感 じられました。

    *動画視聴サイト

    • 2021第2回タウントーク

      「光とテクノロジーによる地域活動」てというタイトルで公立千歳科学技術大学准教授の青木広宙氏がたくさんの動画や写真を使って、地域とコラ ボして活動している事例や、現在取り組んでいる研究を説明されました。また、地域活動の重要性や、その活動を 通して学生が学べる実践教育の意義も話されました。事例で紹介したLEP利用の植物栽培や、光とデジタルを融合したメディアアート制作には、タウントーク参加者の関心が非常に高く、多くのコメントや質問がチャッ ト画面に投稿されました。



      *第2回タウントーク ポスター
      *動画視聴サイト


      • 2021第3回タウントーク

        第3回のタウントークタイトルは、「どうなる未来社会?! 人工知能(AI)で世界が変わる」でした。ゲスト・スピーカーの奥野氏は、最初にAIの概要やディープラーニングの仕組みを説明し、次にAIとビッ グデータを利用した取り組みを支笏湖を事例に紹介しました。温泉街エリアの入場者予測や支笏湖面の鏡面発生 検知は具体的、且つ実践的であるため参加者の関心は高いものでした。

        *第3回タウントークポスター

        *動画視聴サイト


        • 2021第4回タウントーク

          第4回タウントークのテーマは、「英国と北海道のフットパスから見える地域をより楽しむ観光戦略」でした。ゲスト・スピーカーの小田氏は、20年以上英国のフットパスに関わる仕事に携わっています。小田氏は、地域の歴史・文化、そして食と融合したフットパスが生み出す地域共生型の取り組みを写真や事例を通して詳細に説明されましたが、地域の課題解決手法としてヒントとなる点が非常に多いことが分かりました。

          *第4回タウントークポスター

          *動画視聴サイト




          • 第5回タウントーク

            第5回タウントークのテーマは、「新たな時代の空港が果たす役割」でした。ゲスト・スピーカーの平 池氏は、北海道エアポート株式会社が掲げる「マルチツーリズムゲートウェイ」構想や、その中で重要な戦 略的事業方針の1つとなっている「北海道の魅力発信と地域活性化への貢献」について詳しく説明されました。パ ネルディスカッションでは、新千歳空港をもっと地域住民が頻度に利用するための戦略や課題について、視 聴者からの質問も交えて厚い議論が展開されました。

            *視聴動画
            *資料
            *ポスター