Topic outline

  • General

  • 第3回3月13日(土)

    第3回オープンサイエンスパーク千歳 科技大・北大共同開催特別シリーズ

    テーマ:支笏湖から考える 〜生態系サービスがもたらす持続可能な社会〜 “支笏湖の恵みと保全”

    2021年3月13日(土)
    13:30〜15:30

    北海道大学総合博物館 3階 北講義室(N308)

    現地開催(先着45名)およびWebによるライブ配信を併用したハイブリッド方式で開催します。

    今、アフターコロナ・ウィズコロナ時代の自然共生と持続可能な社会のありかたが問われています。本シリーズでは、北海道民にとって身近な自然である支笏湖に着目することで、生物多様性と地勢の複雑なネットワークを基盤とする生態系がもたらす“恩恵と脅威”、その“開発と保全”、さらには“日常と非日常”の視点 を通じて支笏湖の温故知新を図り、様々なステークホルダーとともに「生態系 サービスがもたらす持続可能な社会」について考える対話(トランスサイエン ス)の場を設けることにしました。
    特別シリーズ3回目は、支笏湖のブランドであるチップ(ヒメマス)のお話、レッドデータブックで希少種に指定されているチトセバイカモについて、そして市民と共にある支笏湖の現在と過去を通じて、 “支笏湖の恵みと保全“を考えます。

    *第3回ポスター

    本シリーズでは、コロナ世情を勘案し、対面式講演とウェブ同時配信を行います。                      

    ■オンライン配信■   






    • 第2回1月9日(土)

      *特別シリーズ第2回目:支笏湖が支える私たちの暮らし

      特別シリーズ2回目は、かつて北海道の近代化を支えた山線のお話、 豊かな水資源が与えてくれるもの、そして支笏湖が 支える持続可能な社会を目指す取り組みを通じて、 “支笏湖が支える私たちの暮らし”を考えます。 本シリーズでは、コロナ世情を 勘案し、対面式講演と ウェブ同時配信を行います。 

      - プログラム -
      13:30~14:00  支笏湖と山線 〜王子軽便鉄道の歴史〜
      木下 宏 (支笏湖・山線プロジェクト実行委員会事務局長・一般財団法人自然公園財団支笏湖支部統括)
      14:00~14:30 水のちから:山林環境と水資源
      井手 淳一郎 (公立千歳科学技術大学 理工学部・准教授)
      14:30~15:00 青い奇跡と「支笏湖モデル」:世界へつなぐ,持続可能な共生コミュニティ開発
      東条 斉興  (北海道大学 水産科学研究院・助教)
      15:00~15:30 会場との対話

      対面(先着45名)およびWeb同時配信のハイブリッド方式で開催いたします。

      *開催日
      2021年1月9日(土)13時30分〜15時30分
      *会場
      北海道大学総合博物館 3F 北講義室(N308)
      *主催
      北海道大学総合博物館バイオミメティクス市民セミナー
      公立千歳科学技術大学地域連携センター
      (オープンサイエンスパーク千歳、支笏湖デザインプロジェクト)
      *共催
      高分子学会北海道支部
      高分子学会バイオミメティクス研究会
      フォトニクスワールドコンソーシアム(PWC)
      NPO法人バイオミメティクス推進協議会


      • 第1回11月7日(土)

        *特別シリーズ第1回目:支笏湖の成り立ちと未来
        生物多様性と生態系サービスと人間活動についての概論を踏まえ、支笏湖生態系の成り立ちである樽前山のお話と、支笏湖デザインプロジェクトで開発した”未来を担う子供達への学習プログラム”の紹介を通じて、”支笏湖の成り立ちと未来”を考えます。
        本シリーズでは、コロナ世情を勘案し、 対面式講演とウェブ同時配信を行います。 
        時間等の詳細は下記のプログラム詳細はポスターでご確認ください。


        *第1回共同開催特別シリーズポスター





      • 第4回7月17日(土)

        バイオミメティクス市民セミナー・公立千歳科学技術大学オープンサイエンスパーク千歳 共同開催特別シリーズ  支笏湖から考える~生態系サービスがもたらす持続可能な社会~ 第4回:情報科学が支える支笏湖観光

        今、アフターコロナ・ウィズコロナ時代の自然共生と持続可能な社会のありかたが問われています。本シリーズでは、北海道民にとって身近な自然である支笏湖に着目することで、生物多様性と地勢の複雑なネットワークを基盤とする生態系がもたらす“恩恵と脅威”、その“開発と保全”、さらには“日常と非日常”の視点を通じて支笏湖の温故知新を図り、様々なステークホルダーとともに「生態系サービスがもたらす持続可能な社会」について考える対話(トランスサイエンス)の場を設けることにしました。

        特別シリーズ4回目は、三次産業への生態系サービスである観光に着目し、情報科学が支える観光の将来を考えてみることにしました。今般は、公立千歳科学技術大学の地域密着研究「スマート・ネイチャー・シティちとせ」の紹介を皮切りに、最新の情報技術を駆使した鏡面発生予測に向けた産学のとりくみ、そしてアフター・コロナの支笏湖観光のありかたについて考えます。

        本シリーズでは、コロナ世情を勘案し、対面式講演とウェブ同時配信を行います。

        *視聴サイト


        【主催】
        北海道大学総合博物館 バイオミメティクス市民セミナー
        公立千歳科学技術大学 地域連携センター
        (オープンサイエンスパーク千歳、支笏湖デザインプロジェクト)


        【共催】
        高分子学会北海道支部
        高分子学会バイオミメティクス研究会
        フォトニクスワールドコンソーシアム
        NPO法人バイオミメティクス推進協議会